実はいろんな種類がある青汁

一口に青汁と言ってもいろんな青汁があることを知ってますか?青汁に興味がない人は意外とご存知ない方も多いんです。青汁って実にいろんなメーカーから発売されてますし、その原材料もさまざま。今や数十種類(数百種類?)は発売されていると思われます。
最も有名なのはキューサイの青汁じゃないでしょうか?昔ながらのCMが有名で、一昔前までは青汁と言えばキューサイの青汁でした。「う〜まずい〜もう一杯!」というセリフを流行らせたのがこの青汁だったと思います。
しかし、特に2000年代に入ってから、ものすごい勢いで青汁が増えていきました。その勢いたるや、ものすごくて・・・私は2000年ぐらいから青汁を飲み始めましたが、その増え方に正直驚きましたからね(^_^;)。特に増えたのは飲みやすい粉末タイプの青汁です。今の主流はこれといってもいいんじゃないでしょか?スティックタイプで一包ずつ分かれているものが多くて、持ち運びに便利。かばんの中に入れておいて気づいたときに飲める・・・という手軽さがすごく便利な青汁です。
原材料もさまざまなものが出てきました。ケールだけでなく、大麦若葉、明日葉、もしくはそれら全部を含んだ青汁(^_^;)など。本当に多岐にわたるので書ききれませんが、青汁の原材料は今やケールだけじゃない、ということを知っておくといいと思います。自分が飲みたくなったとき、それぞれの原材料の特徴を良く知ってから飲めますからね!

注目記事

banner
実はいろんな種類がある青汁

記事を見る

banner
なんでいろんな青汁が出てきたのかを考察

記事を見る

banner
青汁の元祖はどれ?

記事を見る

Copyright(c) 青汁の効果は絶大です!. All Rights Reserved.